ママへの恨み│あぴママびより

ママへの恨み

漫画のあとに本文が続きます。

激しく息子を怒るお父さん
なんであんなに恐く怒るの?
親にされたことを普通だと思って繰り返すんだよ
自分で常識をつくれる大人になりたい
ママとあぴちゃんの基本的関係

親子関係に上下関係は必要ないというのが、ママの考えです。

自分自身は上下関係のある家庭で育ちました。いくら自分の頭でものを考えて主張しても結局は「親だから」という理由を持ち出されて、稚拙な方法で論破されてきた苦い経験があるからでしょう。あぴちゃんを授かったとってもとっても若い頃に、フラットな関係を貫こうと決めました。

しかし、現実は甘くなかった…

順調に見えたフラットな関係、しかしほころびもある…

「動画禁止」。私、これたまにやっちゃうんです。もちろんこれには、私なりの理由があるのですが、本当にフラットな関係であれば、そんなことはできるわけはありません。

あぴちゃんは、フラットな関係を前提に育ったので、命令されたり親の権限で決められてしまうということにたいしてとてもとても敏感です。いつもそのことへの違和感を堂々と主張します。(素晴らしい。)

そしてその恨みが思っていたより深かったということがわかるのが冒頭の漫画です…気をつけます…