受け入れ難いアドバイスも時が経てば…│あぴママびより

受け入れ難いアドバイスも時が経てば…

あまり学校の話をしてくれない我が子
あぴママの話がおもしろくないからではないか
そんなわけないでしょ
あのアドバイスは意外と真理をついていたのでは

2年ほど前までは、あまり学校での話をしてくれなくてそこそこ気をもんだものです。

ときにはこちら側が質問の仕方を変えてみたり。YesかNoで答えられる形で質問をしたあとに、答えをみて、HowとかWhatの質問でつないでみたり、いろいろ試してみたものでしたが、まぁそのような調子は変わりませんでしたのでそのまま受け入れていました。

最近になりようやく、だいぶ学校での話や本人の感想などこまかに楽しく話してくれるような姿がみられます。

彼のアドバイスは今考えるととても的確なものだったと思います。だからこうしていまも思い出すのでしょう。でも問題の渦中にあると、的を得たアドバイスはかえって刃物のように自分に突き刺さりそうで慎重になってしまいます。当時もそのアドバイスは話半分で受け入れていましたが、状況が改善してからようやく受け入れられるようになったかな。「私と話してもつまらない」。結局そうだったかはわからないけど、大いにありえると思います。