6歳児の突きつける問い│あぴママびより
見つめられる
お菓子が開けられない六歳男児
ほら、貸しな。おばちゃんが開けたげる。
自分のこと、おばちゃんって呼ぶの?
何か本質的問いを突きつけられたかのような気になる

相変わらず平日は6歳児と過ごしております。

平日は本当にてんやわんや。毎日ひとつは何か事件が起きる感じ。そしていっしょにいる間はたいていいっしょに遊んでいるので、仕事はおろか漫画にかける時間がぐんと減りました。月並みすぎる所感ですが、この子のすべてがあぴちゃんが六歳の頃とまったくちがって、人間の個性ってここまでバラバラなんだなあなどと思っている毎日です。

この子に関しては漫画もたくさん書けそう。しかしそれはこの子がうちにこなくなってからですね。なかなか自分の時間をとるのに苦労しております。そのかわりにたくさんの幸せをもらいニコニコな毎日です。

\ あぴママサポートの会 /

忖度なし。本音のみ。

あぴママが本音本気で語る気鋭のコンテンツ郡です。

✔️ ものごとを深く考えられるようになるための方法論

✔️ 子の集中力を最大限に高める方法

✔️ 論理的思考能力は心に効く

等々、ぜひご購読お待ちしております。

見つめられる
更新はTwitterでお知らせ!