言葉の先入観と現実│あぴママびより
言葉の先入観と現実

言葉の先入観と現実

ただいまー
へぇ。球体かぁ。皮もきれいな緑色だね。こんなかぼちゃあるんだね。
ただいま。
じー
これ、カボスじゃん。

カボスと言われてあらためて見たら、もちろんカボスにしか見えなくて、カボチャと思って見ていたときは、本当にさまざまなカボスらしき特徴をすっ飛ばして、脳に入れないようにしていたな…と、改めてこの自分の脳の編集能力(不具合?)に驚かされたのでした。

言い訳としてちょっと追加できるのは、いただいたカボスはスーパーで売られているものよりだいぶ大きなものではありました。

たくさんいただいたので、なんにでもカボスを振りかけて食べているのですが、いや、おいしいです!あんまり自分では今まで買わなかったカボスですが、果物としてというより、調味料として優れていますね。今後の食生活のバラエティが増えそうで、お隣のおばあちゃんには感謝しています。

いただきものの良さというのは、まさにこれですね。思ってもない経験を増やしてもらえること。私もおばあちゃんの経験を増やせるように、旅行にいったら必ず、いろいろと買って帰りたいなぁと思っております。

\ あぴママサポートの会 /

忖度なし。本音のみ。

あぴママが本音本気で語る気鋭のコンテンツ郡です。

✔️ ものごとを深く考えられるようになるための方法論

✔️ 子の集中力を最大限に高める方法

✔️ 論理的思考能力は心に効く

等々、ぜひご購読お待ちしております。

言葉の先入観と現実
更新はTwitterでお知らせ!