受け止め方ひとつ│あぴママびより

受け止め方ひとつ

朝食を自分で選ぶあぴちゃん
これはあぴちゃんにとって全く自然なことだった
ある日他の家の事情を聞いてきてしまった
朝ごはんの準備は苦痛なものになった
ある日を境に普通が苦痛になる
物事は受け止め方一つなのだ

これは、実は二年前の出来事で、いまではご機嫌にもどっています。

 
あぴママ
しっかし、人生というのは受け止め方一つで楽しくも辛くもなるのだなぁと、じっくり観察させてもらいました!