【あぴママの本音】家族にどこまで理解を期待できるのか│あぴママびより

【あぴママの本音】家族にどこまで理解を期待できるのか

同性愛の恋人を家族に紹介できない悩みを抱えている方から相談が届きましたので漫画で答えてみたいと思います。

今回は同性愛というテーマではなく、あくまでそこはざっくりと少数派という形での表現にとどめ、「我々は家族にどこまで理解を期待するべきものか」ということに焦点をしぼって漫画にしてみたいと考えております。

というのも、「家族に理解されない孤独」、そういうものを抱えている方から悩みを相談されることが多いので、そういった相談に対してわたしが考えている家族観を表現してみたいと思ったからです。

自分の気持ちを理解してくれない夫。自分の気持ちを理解してくれない家族。寂しい思いを抱えた方に読んでほしい漫画です。

 

同性の恋人

\ あぴママサポートの会 /

忖度なし。本音のみ。

あぴママが本音本気で語る気鋭のコンテンツ郡です。

✔️ ものごとを深く考えられるようになるための方法論

✔️ 子の集中力を最大限に高める方法

✔️ 論理的思考能力は心に効く

等々、ぜひご購読お待ちしております。

更新はTwitterでお知らせ!