育児の苦労がむくわれるとき│あぴママびより
育児の苦労が報われるとき

育児の苦労がむくわれるとき

ほっとけば寝てくれるなんてなんて楽ちんなんだろう
あぴちゃんが赤ちゃんのころはね
なかなか寝てくれなくてパパと近所を歩き回ったの
すごく大変だったのよぉ
赤ちゃんのころ苦労した話をすると毎回喜ぶあぴちゃん
なんでこんなに嬉しがるんだろう
あのときの苦労も報われるってもの

いまだに、めちゃくちゃ大変だったあの頃のことを思い出し、毎晩のように「手のかからない幸せ」をなんだか不思議な気持ちで噛みしめながら眠ります。

年齢的には手がかからなくなって当然です。そして手がかからなくなって何年も経ちます。なのにあの頃のことをありありと思い出すのです。

たまには、大きくなった我が子もやれ水を飲みたいだの眠れないだの言い出して手をわずらわせることもありますが、あの頃に比べればと思ってやすやすと対応できてしまいます。

そして子どももあの頃の話をするともなぜかとても嬉しそうにするのです。

今のわたしにとってはあの頃の苦労を肯定する理由しかないわけです。

\ あぴママサポートの会 /

忖度なし。本音のみ。

あぴママが本音本気で語る気鋭のコンテンツ郡です。

✔️ ものごとを深く考えられるようになるための方法論

✔️ 子の集中力を最大限に高める方法

✔️ 論理的思考能力は心に効く

等々、ぜひご購読お待ちしております。

育児の苦労が報われるとき
更新はTwitterでお知らせ!

育児哲学の最新記事8件