小学生のアイデンティティ│あぴママびより
小学生との帰り道

小学生のアイデンティティ

うち最近食欲がないの。
おかわりはするの。
食欲がないのにおかわりするの?
うちにはおかわりをする人という意地があるから。

小学校三年生も終わりに近づいた頃から、「自分はこういうイメージをもたれている」ということに似た発言をするようになったように覚えています。公園で久しぶりに再会したお友達と会った時に「久しぶりに会うのだったらいつもしている髪型をしてくればよかったな」と言ったり、「自分らしい服装をしていればよかったな」とか、冒頭の漫画のような発言もそうですね。

集団の中での自分の立ち位置やイメージ。それをはっきりと持ち、それに矛盾がないように行動したい。そういう気持ちって大人は当たり前に持っている気持ちだと思うのですが、幼児にはそれがありません。

あぴちゃんも着々と大人の階段をのぼっています。

\ あぴママサポートの会 /

忖度なし。本音のみ。

あぴママが本音本気で語る気鋭のコンテンツ郡です。

✔️ ものごとを深く考えられるようになるための方法論

✔️ 子の集中力を最大限に高める方法

✔️ 論理的思考能力は心に効く

等々、ぜひご購読お待ちしております。

小学生との帰り道
更新はTwitterでお知らせ!